いい家とは何か

「いい家とは何か」という問いについては、まず「誰にとって、いい家なのか」ということを考える必要があります。
それはもちろん、「住む人」です。
それをふまえて、いい家とはどういう物か考えると、住む人の生命や財産を守ってくれたり、地震などの災害に強かったり、寿命が長かったり、快適な生活を送ることができる、などが挙げられます。
さらに、こういった点に加えて、昨今は「環境に優しい造りかどうか」ということも重要になっています。
例えば、山林の再生と二酸化炭素を削減するため、国産材を使うなど。
また、建物の構造を根本から見直し、設備や間取りなどが時代の変化に素早く対応できる仕組みになっていることも必要です。
そして、最も重要なのは「住む人が、愛着を持ち続けられること」です。
子や孫に財産として残すことができれば、生活面などに大きなプラスの効果をもたらします。
住まいに関する費用を大きく減らすことができるからです。
家を建てる際は、これらの点を十分に考慮する必要があります。