家の購入について

自分の持ち家を購入するときには、一戸建てにするか、マンションにするかという選択肢の他に、一戸建てにするときには注文住宅にするか建売住宅にするかという選択肢もあります。
土地を購入するのが困難な人口密集地ではマンションが主流となっていますが、逆に土地の価格が手ごろな地域の場合には、建売の家を購入したりローコスト住宅を建てることでマンションの購入よりも安くすむ場合もあります。

基本的に、家の購入というのは多くの人にとって一生に一度の買物となりますので、購入した時期だけでなく高齢になってからも生活しやすいものを選ぶのが良いでしょう。
そういう意味では、立地条件の良いマンションを選ぶという方法もありますが、これから家族が増える可能性の高い新婚世帯や小さい子供がいる家庭では、部屋数の多さなども購入するときのチェックポイントになります。

長い目で間取りや動線などについても考慮して、できるだけそのまま使える宅を探しましょう。